このエントリーをはてなブックマークに追加


Ruby on Railsをインストールして試してみる

Ubuntuが提供しているパッケージを使用してRuby on Railsをインストールし、簡単なWebアプリを作成する記事となります。
数個のコマンドを実行することにより、一覧表示、登録、変更、削除のWebアプリケーションが作成できます。
コマンドラインに慣れた方であれば、10分もかからないと思います。


スポンサーリンク

使用した環境

本記事の動作確認を行ったOSは以下の2つになります。

  • OS
    • Ubutnu 18.04 LTS
    • Ubutnu 16.04 LTS
  • DB
    • sqlite3

Ruby on Rails と sqlite3のインストール

Ruby on Railsとsqlite3のインストールを行います。
本記事では、Ubuntu18.04,16.04でのインストール方法を紹介しています。
他のOSやディストリビューションの場合は、別途環境を準備してください。

  1. ターミナルを起動します。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    sudo apt install rails sqlite3
  3. パスワードを聞かれた場合は、パスワードを入力し、Enterキーを押します。
  4. [Y/n]の問い合わせが表示されたら、Yキーを押し、Enterキーを押します。

以上の作業でRuby on Railsとsqlite3のインストールは完了です。

アプリケーションを作ってみる

cryptocurrencyというアプリケーション名で、仮想通貨のマスタテーブルの一覧表示、登録、変更、削除を作成してみます。
今回もターミナル操作となります。

  1. ターミナルを起動します。
  2. ホームディレクトリに移動します。(デフォルトでホームディレクトリになっていると思いますが…)
    cd ~
  3. Ruby on Railsのアプリケーションを格納するディレクトリを作成します。
    mkdir rails_app
  4. rails_appディレクトリにcdします。
    cd rails_app/
  5. railsコマンドを使って、cryptocurrency webアプリケーションの雛形を作成します。
    rails new cryptocurrency --skip-bundle --database sqlite3
    以下のような出力がされれば成功です。
    sakura@stream:~/rails_app$ rails new cryptocurrency --skip-bundle --database sqlite3
         create  
         create  README.rdoc
         create  Rakefile
         create  config.ru
         create  .gitignore
         create  Gemfile
         create  app
         create  app/assets/javascripts/application.js
         create  app/assets/stylesheets/application.css
         create  app/controllers/application_controller.rb
         <省略>
  6. cryptocurrencyディレクトリにcdします。
    cd cryptocurrency
  7. rakeコマンドを使用して、sqlite3のDBを作成します。
    rake db:create
    本操作により、以下のようにsqlite3のDBファイルが作成されていることが確認できます。
    sakura@stream:~/rails_app/cryptocurrency$ ls -l db/development.sqlite3 
    -rw-r--r-- 1 sakura sakura 0  5月 31 00:02 db/development.sqlite3
  8. 仮想通貨マスターとなるテーブルを作成します。
    テーブルは以下の構成とします。
  • currencies
    code:通貨コードstring
    name:通貨名string
    supply_limit:発行上限数integer
    block_time:ブロックタイムinteger
    ledger_start:開始日date
  1. 以下のコマンドで上記のテーブルを作成するマイグレーションファイルを生成します。
    rails generate scaffold currencies code:string name:string supply_limit:integer block_time:integer ledger_start:date
    以下のように表示されれば成功です。
    sakura@stream:~/rails_app/cryptocurrency$  rails generate scaffold currencies code:string name:string supply_limit:integer block_time:integer ledger_start:date
    [WARNING] The model name 'currencies' was recognized as a plural, using the singular 'currency' instead. Override with --force-plural or setup custom inflection rules for this noun before running the generator.
         invoke  active_record
         create    db/migrate/20180530153147_create_currencies.rb
         create    app/models/currency.rb
         invoke    test_unit
         create      test/models/currency_test.rb
         create      test/fixtures/currencies.yml
         invoke  resource_route
          route    resources :currencies
         invoke  scaffold_controller
         create    app/controllers/currencies_controller.rb
         invoke    erb
         create      app/views/currencies
         create      app/views/currencies/index.html.erb
         create      app/views/currencies/edit.html.erb
         create      app/views/currencies/show.html.erb
         <省略>
    テーブルを作成するためのマイグレーションファイルが作成されています。(日時は作成した時の日時がファイル名に付与されています。)
    sakura@stream:~/rails_app/cryptocurrency$ ls -l db/migrate/
    合計 4
    -rw-rw-r-- 1 sakura sakura 275  5月 31 00:31 20180530153147_create_currencies.rb
    sakura@stream:~/rails_app/cryptocurrency$ 
  2. 作成されたマイグレーションファイルにnot null制約を付与します。
    db/migrate/にあるファイルになります。
    • 修正前
      class CreateCurrencies < ActiveRecord::Migration
        def change
          create_table :currencies do |t|
            t.string :code
            t.string :name
            t.integer :supply_limit
            t.integer :block_time
            t.date :ledger_start
      
            t.timestamps null: false
          end
        end
      end
    • 修正後
      codeとnameにnot null制約を付与しました。
      class CreateCurrencies < ActiveRecord::Migration
        def change
          create_table :currencies do |t|
            t.string :code, :null => false
            t.string :name, :null => false
            t.integer :supply_limit
            t.integer :block_time
            t.date :ledger_start
      
            t.timestamps null: false
          end
        end
      end
  3. 以下のコマンドでテーブルを作成します。
    rake db:migrate
    以下のように表示されれば成功です。
    sakura@stream:~/rails_app/cryptocurrency$ rake db:migrate
    == 20180530153147 CreateCurrencies: migrating =================================
    -- create_table(:currencies)
       -> 0.0039s
    == 20180530153147 CreateCurrencies: migrated (0.0044s) ========================
  4. sqlite3にcurrenciesテーブルが作成されているか確認します。
    sakura@stream:~/rails_app/cryptocurrency$ sqlite3 db/development.sqlite3
    SQLite version 3.11.0 2016-02-15 17:29:24
    Enter ".help" for usage hints.
    sqlite> .schema currencies
    CREATE TABLE "currencies" ("id" INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL, "code" varchar NOT NULL, "name" varchar NOT NULL, "supply_limit" integer, "block_time" integer, "ledger_start" date, "created_at" datetime NOT NULL, "updated_at" datetime NOT NULL);
    sqlite> .tables
    currencies         schema_migrations
    sqlite> .quit
  5. Railsのサーバを起動します。
    rails server
    実際に起動した時の出力です。(停止する場合はCtrl+Cを押します。)
    sakura@stream:~/rails_app/cryptocurrency$ rails server
    => Booting WEBrick
    => Rails 4.2.6 application starting in development on http://localhost:3000
    => Run `rails server -h` for more startup options
    => Ctrl-C to shutdown server
    [2018-05-31 00:40:19] INFO  WEBrick 1.3.1
    [2018-05-31 00:40:19] INFO  ruby 2.3.1 (2016-04-26) [x86_64-linux-gnu]
    [2018-05-31 00:40:19] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=11785 port=3000

これでアプリケーションの作成は完了です。
以下、実際にブラウザでアクセスしてみます。

ブラウザでアクセスする

上記の最後で、rails severでcryptocurrencyアプリを起動しました。
ブラウザでアクセスする場合、以下のようになります。(同一マシンで動作確認をします。)

http://127.0.0.1:3000/テーブル名

なので、以下のようになります。
一覧表示画面ですが、何も登録されていないので以下のようなスクリーンショットになります。

http://127.0.0.1:3000/currencies
01.png

登録してみる

  1. New Currencyのリンクをクリックします。
    02.png
     
  2. 登録画面が表示されます。
    以下のスクリーンショットのように入力しCreateCurrencyボタンで登録します。
    03.png
     
  3. 登録が完了しました。
    04.png
     
    Backのリンクをクリックして一覧に戻ります。
  4. 一覧が表示されます。
    05.png

あとは、Editリンクをクリックすると変更登録、Destoryリンクで削除、Showリンクで閲覧になります。

登録した情報がsqlite3のDBファイルにあるか確認してみます。

sakura@stream:~/rails_app/cryptocurrency$ sqlite3 db/development.sqlite3
SQLite version 3.11.0 2016-02-15 17:29:24
Enter ".help" for usage hints.
sqlite> select * from currencies;
1|BTC|Bitcoin|21000000|600|2018-05-30|2018-05-30 15:52:11.255138|2018-05-30 15:52:11.255138
sqlite> 

以上、Ruby on Railsをインストールして試してみる手順でした。


スポンサーリンク

添付ファイル: file05.png 20件 [詳細] file04.png 20件 [詳細] file03.png 20件 [詳細] file02.png 19件 [詳細] file01.png 16件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-31 (木) 01:05:51 (141d)