このエントリーをはてなブックマークに追加


CygwinでApache不要のPHP環境を構築する

Windows PCでPHP環境を作ろうと思うと、WSLやXAMPなど結構大変ですよね。
Cygwinを使っている方であれば、Apache不要で簡単にPHP動作環境を構築することができます。

尚、Cygwinのインストールに関しては、以下のリンクにて記事をを公開していますの参考にしてください。


スポンサーリンク

関連記事

使用したCygwinバージョン

Cygwin3.0.7

$ uname -a
CYGWIN_NT-6.3 W3-810 3.0.7(0.338/5/3) 2019-04-30 18:04 i686 Cygwin

PHPパッケージをインストールする

本記事では、Cygwinがインストール済みであることを前提にPHP環境手順を記します。
以下の手順でPHPをインストールします。

  1. Cygwinのsetup-x86_64.exe(64bit版)またはsetup-x86.exe(32bit版)を起動します。
  2. 「次へ」ボタンをクリックして、以下の画面まで遷移してください。
    (パッケージが更新されていた場合は、メッセージに従いアップデートしてください。)
    01.png
     
  3. ViewをFullに変更します。
    02.png
     
  4. Searchにphpと入力します。
    PHP関連パッケージの一覧が表示されます。
    03.png
     
  5. phpが表示されている行の▼をクリックし、最新バージョンをクリックします。
    04.png
     
  6. 以下のキャプチャのようにチェックが付き、インストール対象となります。
    05.png
     
  7. 「次へ」ボタンをクリックし、PHPパッケージをインストールします。
    06.png
     
  8. 以下のキャプチャの通り、PHPパッケージと依存関係のあるパッケージが表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックするとPHPパッケージのインストールが開始されます。
    07.png
     
  9. PHPパッケージインストール完了のキャプチャです。
  10. 完了ボタンをクリックてPHPのインストールは完了です。
    08.png

PHPの動作確認

上記でPHPパッケージのインストールが完了しました。
早速PHPの動作確認を行います。
本操作は、Cygwin Terminal上で行います。

CLIとしての動作確認

以下のPHPスクリプトを作成し、PHPスクリプトとして実行してみます。

<?php
echo "Hello world\n";

実行結果

$ php hello.php
Hello world
09.png

ウェブブラウザからのアクセスによる動作確認

PHPは起動オプションにより、簡易ウェブサーバを起動することができます。
起動したディレクトリが、ホームディレクトリ(DocumentRoot)になります。
オプション -S ホスト名:ポート番号 でPHP単体でウェブサーバを起動するとこができます。
以下の例は、8000番ポートで起動することになります。

php -S localhost:8000

それでは、動作確認用の定番スクリプトを作成し、ブラウザからアクセスしてみます。

<?php phpinfo(); ?>

Cygwin Terminal上で以下のコマンドを実行します。

php -S localhost:8000
10.png
 

上記のキャプチャの通り、PHPの簡易ウェブサーバが起動されました。^ Ctrl+Cで停止することができます。

ブラウザを起動し、localhostの8000番ポートに接続してみます。

http://localhost:8000/info.php
11.png
 

無事、ブラウザでもアクセスすることができました。
Cygwin Terminalにはアクセスログが表示されていますね。
プログラムのエラーなどが発生した場合も同様に出力されます。

12.png
 

PHPで開発するために必要なパッケージを追加インストール

PHP単体だと、データベースアクセスライブラリなど各種がインストールされていません。
追加パッケージのインストール手順といくつかパッケージをインストールしてみます。

パッケージインストール中は、念のため、Cygwin Terminalを終了させておいてください。

  1. setup-x86_64.exe(64bit版)またはsetup-x86.exe(32bit版)を起動し、パッケージ選択まで画面を遷移させてください。
  2. ViewをFullに変更します。
  3. Searchにphpと入力すると、PHPに関連するパッケージ一覧が表示されます。
    21.png
     
  4. 以下、php-json, php-mbstring, php-curl, php-mysqli をインストールしてみます。
  5. Searchに php-json と入力し、▼をクリックし最新バージョンをクリックします。
    22.png
     
  6. Searchに php-mbstring と入力し、▼をクリックし最新バージョンをクリックします。
    23.png
     
  7. Searchに php-curl と入力し、▼をクリックし最新バージョンをクリックします。
    24.png
     
  8. Searchに php-mysqli と入力し、▼をクリックし最新バージョンをクリックします。
    25.png
     
  9. インストールしたいパッケージ群の選択が終わったら「次へ」ボタンをクリックします。
    選択したパッケージ及び依存関係があるパッケージが表示されるので、「次へ」ボタンをクリックしてインストールを開始します。
    26.png
     
  10. 「完了」ボタンをクリックしインストールを完了させます。
    08.png
     
  11. 上記作成したinfo.phpにアクセスしてみます。
  12. Cygwin Terminalを起動し以下のコマンドを実行します。
    php -S localhost:8000
  13. ブラウザを起動し、localhostの8000番ポートに接続してみます。
    http://localhost:8000/info.php
     
  14. php-json, php-mbstring, php-curl, php-mysqliがインストールされているのが確認できます。
    31.png
     
    32.png
     
    33.png

以上、CygwinでApache不要のPHP環境を構築する手順でした。


スポンサーリンク

添付ファイル: file02.png 6件 [詳細] fileinfo.php 6件 [詳細] filehello.php 5件 [詳細] file33.png 7件 [詳細] file32.png 4件 [詳細] file31.png 4件 [詳細] file26.png 6件 [詳細] file25.png 8件 [詳細] file24.png 5件 [詳細] file23.png 6件 [詳細] file22.png 6件 [詳細] file21.png 5件 [詳細] file12.png 6件 [詳細] file11.png 8件 [詳細] file10.png 8件 [詳細] file09.png 6件 [詳細] file08.png 4件 [詳細] file07.png 6件 [詳細] file06.png 6件 [詳細] file05.png 6件 [詳細] file04.png 8件 [詳細] file03.png 6件 [詳細] file01.png 5件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-29 (月) 22:49:23 (76d)